トップに戻る

企業情報

大切に考えていること・1 イメージ

大切に考えていること・1

日本の花文化を
多摩の地から支え続ける

ボーダーレス化の進む取引環境、それに伴う激しい価格競争、高度化に拍車のかかる品種改良など、今、花きをとりまく環境は、さまざまな要因のもと大きな変化の時代に差し掛かっています。

私たちは、そんな現代においても、高品質な花きをていねいに育んでいる生産者の皆さまを支えるべく、常に安定した流通環境を整え、日本の花文化をさらに豊かなものとしていくことを使命の1つとして捉えています。

大切に考えていること・2 イメージ

大切に考えていること・2

花と出会う 人と出会う
開かれた花市場へ

多くの人々に花を手にしていただくためには、その魅力をより広く発信していくことが欠かせません。

私たちは、花き市場が人々に親しみを持って訪れていただける場所へと進化していく必要があると考えています。既存の市場のカタチに捉われず、社会に、地域に、一般の皆さまにも広く関わりあうことができる、新しい市場の姿を模索していきます。

大切に考えていること・3 イメージ

大切に考えていること・3

アートとして「花」を見つめる
人々と共に

生け花やフラワーアレンジメント、ボタニカルアート、写真やイラストのモチーフとしてーー。

花は、満ち満ちた生命力と、限られた時間の中でのみ咲きほこる儚さをあわせ持つ、他に変えられない素材として多くのアーティストに愛されています。

私たちは、そんな「生の姿としての花」とは少し違う角度から花にアプローチする、表現活動に取り組む人々をサポートし、花の文化を多角的に発信していく取り組みを推進したいと考えています。

企業情報イメージ

ごあいさつ

「ティー・エフ・シー 東京フロリネット・多摩生花地方卸売市場」は、1950年に立川で開場した伝統のある花き卸売市場です。多摩地域を舞台に、長きに渡って花きの価値を支え続け、微力ながら花が彩る社会に貢献してまいりました。

生産者の皆様が育んできた何百種類にもおよぶ花々を、仲卸や小売店の皆様と共に広く人々に届け、ある人の生活の一部に、ある人の大切な時間の一部になっていくこと。そして、自然から受けとった恵みが、人の手から人の手へと渡っていくことそのものを、花が紡ぐ文化として捉え、これからもその担い手の役割を果たしていきたいと考えています。

代表取締役社長 蟹江 太郎

▶東京フロリネットのあゆみへ

代表取締役社長 蟹江 太郎 代表取締役社長
蟹江 太郎 / Kanie Taro

企業概要

市場名
ティー・エフ・シー東京フロリネット株式会社
多摩生花地方卸売市場
所在地
〒191-0021 東京都日野市石田 435
TEL:042-581-7461 FAX:042-583-1187
設立年月日
1950 年
代表取締役社長
蟹江 太郎
手数料
10%
ネットお取引
花きネット株式会社
TEL 03-5782-9212 FAX 050-3730-4162
資材部
T.F.C 資材センター
TEL:042-583-5848